雑学

衣服やカーテンにも!?次世代太陽光発電の「ペロブスカイト太陽電池」とは

投稿日:2020年3月20日 更新日:

太陽光発電はエコな再生可能エネルギーとして知られていますが、次世代の太陽光発電の最有力候補とされているのが「ペロブスカイト太陽電池」です。

この「ペロブスカイト太陽電池」とはいったどういったものなんでしょうか。

 

ペロブスカイト太陽電池「PSC」の概要

ペロブスカイト太陽電池・PSCとは、「ペロブスカイト結晶」を使った太陽電池です。

2009年に桐蔭横浜大学の宮坂力氏らによって、「ハロゲン化鉛系ペロブスカイト」を使った太陽電池が開発されました。

このペロブスカイト太陽電池がなぜ次世代の太陽光発電の第一候補とされているのかというと、それは、「高い変換効率と驚くほどの低コスト」という、太陽光発電にとってもっとも大事な要素を満たしている点が特徴だからです。

ペロブスカイト太陽電池の結晶構造は、現在のシリコン系太陽電池よりも非常に安いコストを作れることがが大きな魅力です。

 

画期的すぎる「塗る太陽光発電」

ペロブスカイト太陽電池のもうひとつの特徴は、「塗る太陽光発電」という点です。

研究所では印刷技術を使って「塗布型OPV」が開発されています。

薄くて軽いシート状で、曲げることもできる、今まで誰もが考えたことがなかったような太陽電池なんです。

この特徴を利用すれば、建物の壁・曲面等にも取り付けられ、電気自動車の曲面などに貼り付けて発電することができるとか。

また、スマホに搭載して、太陽光発電で充電するということも考えられています。

塗るペロブスカイト太陽電池は、高温加熱・高真空という製造過程がないので簡単に作成できるので、コストが安価になることがメリットです。

ガラス板に多くの孔がある酸化チタンに溶液を塗り、乾かせば完成するため、これまでのような高度な技術が不用という点もポイント。

ちなみに現在の日本では、フィルム型のPSCを東芝と積水化学工業、高効率と高耐久性のガラス基板PSCはパナソニックとアイシン精機が開発しています。

 

デメリットは?

なんにでもメリットとデメリットがありますが、ペロブスカイト太陽電池にもデメリットがあります。

それは、現在の太陽電池よりも非常に劣化が早い点です。

さらに、変換効率測定と不安定性につながる、ヒステリシス現象(電圧曲線にズレができる)、電圧によって変換効率が違ってくるという点は、実用化で大きな問題になるとされています。

 

カーテンや衣服でも発電が!?

次世代の太陽光発電の第一候補と言われている、「ペロブスカイト太陽電池」についてでした。
塗る太陽光発電というのがすごいですね。

フィルム状で薄いシートのようなもので、将来的にはカーテンやなんと衣服にも利用できる開発をしているそうです!

これはすごいですねー。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不眠症について、症状や原因を説明します

みなさんは「夜なかなか眠れない」ことを体験したことがあるでしょうか?自分は何度もあります。 ご存知のとおり、これは「不眠症」といいますね。 経験したからわかるんですが、不眠症ってほんとつらいんですよね …

no image

髪のきしみが気になる時の対策は?

シャンプーで頭を洗った後で、なんか髪の毛がきしむ感じがするという時はありませんか? 今回は、そんなときの対処法についてです。 (1)しっかりと泡立てる シャンプー後に髪がきしむという原因は、髪の毛の成 …

no image

新しもの好き必見!最先端・便利なアプリ7選!

いやースマホのアプリって、いろいろありますよねえ。 まるで宝の山のように、便利なアプリがたくさんあります。 自分もそうですが、便利なアプリがあるのは知っているけど、たくさんありすぎて探すのが大変という …

no image

忍者アナライズとGoogleアナリティクスのデータの違いの原因がわかった

アクセス解析を忍者アナライズからGoogleアナリティクスに移行したんですが、以前何度もご紹介したように、忍者アナライズとGoogleアナリティクスのユーザー数値のデータが違う点がどうも嫌で。 Goo …

no image

次世代太陽光発電「ペロブスカイト太陽電池」を大手メーカーが研究開発中

次世代の太陽光発電として注目されている「ペロブスカイト太陽電池」は、前回も紹介したように日本生まれで、現在は日本の太陽光発電メーカーも研究開発が盛んに行われています。 たとえば、東芝はいろいろな場所で …

プロフィール

nabeお
副業魔人。趣味情報全般のブログ書いてる人。

お問い合わせ